ごみ箱に入れて消去してしまったデータは復旧できる?

パソコンを使っているといらなくなったデータはごみ箱に入れますよね。
そして、ごみ箱を空にするを選択すると、きれいさっぱりデータが消えてなくなります。
ハードディスクの容量も増えて、あーすっきり、と思ったのもつかの間、「しまった、あのデータいるんだった!」
となったことありませんか?

ごみ箱が空になってしまうと、表面的にはデータは消えてしまっているので復旧できないように見えます。

しかし、ごみ箱を空にした直後であれば、データ復旧ソフトを使えば復元できる可能性が高いです。


実は、消したと思ったデータも実は残っています。少し前に廃棄したパソコンからデータ復元ソフトを使って元のデータを読み取ったら、公共機関の大事なデータが入っていた、というような事件がいくつかあったことがあります。

これなどは、まさにこの事例に当てはまります。
ごみ箱にデータを入れて消してしまうだけならまだしも、ハードディスクをフォーマットしたらすべてデータが消えてしまうと思うのが人情だと思います。でも、これですらデータ復元ソフトを使えば元に戻すことが可能なのです。
ましてや、ごみ箱のデータをや、というわけで、ごみ箱から消し去られてしまったデータは復元ソフトを使えば簡単に戻すことができます。

ただし、復元のポイントがあります。それは、ごみ箱から消し去った後は、なるべく早くに行動することと、そしてなるべくパソコンの操作を行わないことです。


というのも、ごみ箱に入っていたデータというのはパソコンの記憶領域にまだ残っているのですが、パソコンを操作することによって、その領域にデータが書き込まれてしまうと、元のデータを復元することができなくなってしまうからです。

ごみ箱のデータを誤って消してしまい、復活させたいなと思ったら、できるだけパソコンをそっとしておく必要があるのです。そのためにも、普段からデータ復元ソフトをインストールしておくと、万が一の時に最小の手順で行動することができますので、データ復元の確率が高くなります。

もし、データ復旧のために情報収集してネットを探しまくったり、ソフトをインストールしたりなどしていると、その処理によってデータの復旧ができなくなってしまうことにもなりかねません。


ごみ箱に入れたデータを復活させたいというのは、だれにでも起こることなので、ぜひ注意しておきたいことですね。